空理計画

概要

慣性の法則を再現したグリッドシステムのボードゲーム。
おはじきとかエアホッケーみたいな感じ。

2人用 10~20分

用意するもの

  • 8×8マスの盤面1つ

  • 白と黒の駒30枚ずつ(程度)

これらは オセロセット一揃い あれば用意できる。

用語

「陣地」

ボード上のマスの、各プレイヤーの目の前の横1列分

流れ

まずは白と黒のプレイヤーに分かれ、盤面を挟んで向かい合い、それぞれ自分の色の駒を30枚ずつ(程度)受け取る。
公平な方法で先手を決める。

プレイヤーは先手から交互に手番を行う。
手番では、自分の駒を1枚 ショット できる。

「ショット」

まず、自分の陣地に 手持ち駒を1枚置く。
そののち、その駒を 前、右前、左前 のいずれかの方向に、 1~4マス 動かす。
!: すでに盤面に置かれている駒を 直接動かすことはできない

「ヒット」

移動中の駒が次に進むマスにほかの駒がある場合は、その駒に当たったものとみなし、その手前のマスで 駒の移動を止めて、進めようとしていた 残りのマス数の分 、当てられた方の駒を進める。

「リフレクト」

移動中の駒が次に進むマスがボードの左右の端の外にある場合、左前に進んでいたなら右前に、右前に進んでいたなら左前に進路を変更し、残りのマス数の分動かす。

intcoll_fig1.jpg

勝敗

  • 相手の陣地に自分の駒を 1枚 でも送り込めば勝ち。

  • 自分の陣地に自分の駒を 4枚以上 送り込まれたら負け。

これは何か

intcoll.jpg

2015年中頃にこさえたミニゲーム。
仲間内で一度遊んだだけでお蔵入りしたもの。
地味なゲームながら、物理法則をマス目を使ったボードゲームでシミュレートするという点では落とし込みがうまくいったと思う。
(写真のメモ中の図はアテにしてはいけない!)

Tweet