空理計画

BUNK

マフィアになってカネを奪い合う、バッティングゲームです。

解説

重さ

用意するもの

準備

プレイヤーはぐるりと向かい合って席に着く。
人数の10倍くらいのチップを用意し、全員の手の届くところに集める。
これを「バンク」と呼ぶ。
最初のスタートプレイヤーを決め、ゲームを始める。

ゲームの流れ

スタートプレイヤーが合図をしたら、プレイヤーは一斉にサインを出す。
スタートプレイヤーから時計回り順にサインの効果を処理していく。
すべてのプレイヤーが処理を終えたら、スタートプレイヤーの左となりのプレイヤーが、次のターンのスタートプレイヤーになる。
次のターンへ。

最初のスタートプレイヤーにもう一度スタートプレイヤーの立場が戻ってきたら、1ラウンド終了。
このとき、全てのプレイヤーは処分したチップを全てバンクに支払う。
ゲームは2ラウンド行う。

途中でチップをすべて失ったとしても、脱落とはならない。

勝利条件

2巡終わったところで、最も多くのチップを持っているプレイヤーが勝者となる。

サイン一覧

これは何か

bunk.jpg

2015年暮れごろにひねったゲーム。

できるだけコンポーネントの要らないゲームとして考えたもの。

メモ段階のタイトルがださい...

Tweet